歯の黄ばみを落とす歯磨き粉を紹介します

歯の黄ばみは気になるけど審美歯科のホワイトニングにまで手を出せない…!

毎日歯磨きをしているのに、歯の黄ばみって気になりますよね。みんなで集合写真を撮った時に、1人だけ黄色かったらどうしようとか考えると、思いっきり笑顔になれないと思います。

 

口に手を当てる女性

ホワイトニングで白くなりたいけど、審美歯科に通うのは高額なお金がかかるし、なかなか手が出せない…。

 

そこで、自宅で気軽に、お値段も安く始められるホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

 

→自宅で気軽に始められるホワイトニング歯磨きのランキングはこちら

歯が黄ばむ原因になる?!こんな習慣ありませんか??

では、歯が黄ばむ原因はなんなのでしょう?歯の黄ばみは、大きく分けて2つの原因があります。

 

外因性の黄ばみ 着色汚れによるもの

 

歯の構造

1つ目の原因は、歯の表面にあるエナメル質に汚れが付着することによる外因性の黄ばみです。タバコに含まれるタールや、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどに含まれる色素が歯に付着し、着色汚れとなります。歯の表面にはペリクルという膜に覆われていますが、この膜が歯を守る一方で、着色汚れを付きやすくしてしまいます。汚れの上からまたペリクルがコーティングして、どんどん着色汚れが密着していきます。

 

着色汚れの特徴は、歯に茶色っぽい線が入ったり、歯のくぼみに茶色い汚れが溜まったりと、はっきりした色が付きます。汚れの色は茶色や、濃い人は黒っぽくなり、とても汚いです。タバコを吸う人は特に目立ちます。たぶんみなさんも、歯を見て「あ、この人はタバコを吸うな」と思うことがありますよね。

 

 

内因性の黄ばみ 加齢や遺伝によるもの

 

歯の構造

2つ目の原因は、加齢や遺伝によるものです。歯は白いと思いきや、完璧に真っ白というわけではありません。本来の歯は、薄いクリーム色をしています。歯の断面図を見てみると、歯の表面にはエナメル質があり、その下に象牙質というものがあります。エナメル質は無色透明ですが、象牙質はクリーム色っぽい色がついています。エナメル質から下の象牙質の色が透けて見えるため、歯が黄色っぽく見えてしまいます

 

エナメル質の厚さは、遺伝に寄って変わりますし、加齢によって薄くなっていきます。そうすると象牙質の色が見えやすくなり、より黄ばんでいるように見えてしまうのです。

 

 

歯の黄ばみの原因が外因性である場合、着色汚れを落とすことで、歯を白く見せることができます。

歯の黄ばみ・着色汚れを落とすにはどうしたらいいの??白く輝く歯にできる成分を紹介

では、歯の黄ばみ・着色汚れを落とすにはどうしたらいいでしょう??

 

答えは、歯の表面(エナメル質)に付着した汚れを落とせばいいのです。次のような成分が配合している歯磨き粉で、歯の着色汚れを落とすことができます。

 

ハイドロキシアパタイト

カルシウムの一種です。人の骨の60%、歯のエナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトからできています。ハイドロキシアパタイトは、歯垢を除去し、歯のエナメル質を丈夫にしてくれます。エナメル質が傷つくと、そこから汚れが侵入し、虫歯や黄ばみの原因になってしまうので、ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉を使うと、黄ばみを落とし、新たに黄ばみがつくのを防いでくれます。薬用ハイドロキシアパタイトという成分もあります。

 

ピロリン酸ナトリウム

歯のエナメル質に付着している、ステインを浮き上がらせる効果があります。

 

メタリン酸ナトリウム

歯のエナメル質と汚れの間に入り込み、ステインを浮かせて除去する効果があります。また、歯の表面をコーティングして、汚れを付きにくくしてくれます

 

ポリリン酸ナトリウム

審美歯科でも使われているホワイトニング成分。ステインを除去し、歯の表面をコーティングするので、汚れを落としたあとも汚れが沈着するのを防ぐ効果があります。また、歯周病菌や虫歯菌に対する抗菌作用もあります。着色汚れだけでなく、歯周病・虫歯も予防できる万能の成分です。

 

ポリアスパラギン酸

エナメル質からステインを剥がしとります。また、口臭や虫歯予防の効果もあります。

 

シリカ

歯の表面についた汚れを落とす効果が高い成分です。清掃剤として配合されている歯磨き粉もあります。しかし、シリカの粒子が大きいと、エナメル質を傷つけてしまいます。シリカが入っていない歯磨き粉の方が歯に優しく、おすすめという歯科医もいます。

 

リンゴ酸

歯に付着した汚れを溶かしてくれる酸性の物質です。しかし、酸性であるため、歯に付着した汚れだけでなく、歯の表面のエナメル質まで溶かしてしまうと警告している歯科医もいます。

 

このような成分が歯の汚れを落としてくれます。
シリカやリンゴ酸を配合している歯磨き粉を頻繁に使うと、逆にエナメル質を傷つけてしまうとも言われています。

 

しかし、ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウムなどは、食品添加物にも使われているほど安全な物質です。

 

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング|ステインを除去する成分が配合されたものが◎

 

はははのは
はははのは

「はははのは」には、ステインを浮き上がらせる成分が2種類も配合されています。ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウムです。ステインが浮かび上がったあとは、タンパク質分解酵素であるパパインが汚れを剥がしとります。汚れを落としたあとは、歯の表面をコーティングし、着色汚れを付きにくくしてくれます。さらにハッカ油が口の中のネバネバをすっきりさせ、口臭を防いでくれます。

 

ホワイトニング歯磨き粉は高いというイメージですが、「はははのは」は値段が安いのが特徴です。定期便だと初回43%オフ、2回目以降も定価より安く購入できます。また、もし合わない場合でも、10日以内なら全額返金保障もあります。定期便は1回からOKなので、気軽にお試しすることができます。

 

はははのはの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格3,500円(税込)が
1回目
 →約43%オフの1,980円(税込)
2回目
 →約15%オフの2,980円(税込)

ホワイトニング成分
・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
タンパク質分解
・パパイン

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉

ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングはエナメル質からステインを剥がしとるポリアスパラギン酸と、歯に付着した汚れを溶かす、リンゴ酸も配合されています。ビタミンCや、GTOというウーロン茶やホップエキスから抽出される成分も配合しているおかげで、歯茎を健康にして、虫歯の発生を防ぎます。GTOとはちゅらトゥースホワイトニングオリジナルの成分です。

 

定期便だと定価5,980円(税別)が、初回33%オフの3,980円(税別)で購入できます。2回目以降も16%オフの4,980円(税別)です。送料も無料なので、ずっとお得に購入できます。

 

ワンタフトブラシという、普通の歯ブラシよりも小さくて細かいところが磨けるブラシが初回に1本ついてくるのでさらにお得です。注意が必要なのは、定期便は最低3回の購入が条件であるところです。3回注文すると、3,980円+(4,980円×2)の13,940円(税別)かかります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格5,980円(税別)
1回目
 →33%オフの3,980円(税別)
&送料無料
2回目以降
 →16%オフの4,980円(税別)

ポリアスパラギン酸
リンゴ酸
ビタミンC
GTO

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、植物由来の成分で歯を白くする歯磨きです。歯に付いた汚れをタンパク質分解効果のあるパパインが除去し、茶カテキン・ウーロン茶エキスが虫歯予防をします。ココナッツオイルという海外セレブもオーラルケアとして使用するオイルも配合しており、抗菌効果もあります。歯を白くするだけでなく、虫歯予防、口臭予防、口の中を浄化する効果を発揮します。

 

美容液みたいなおしゃれなパッケージは、歯磨き粉っぽくなくて好評です。雑誌にもたくさん取り上げられており、海外セレブにも人気で、有名人に愛用されています。また、世界5ヵ国で売上1位を取得しています。

 

通常価格9,980円(税抜)ですが、定期便なら初回限定で6,000円オフの3,980円です。2回目以降も50%オフの4,980円で購入できます。送料無料なのでずっとお得に続けられます。90日間の返金保証もあるので、万が一お口に合わなくても安心です。注意すべきポイントは、最低3回の購入が条件であるところです。

 

プレミアムブラントゥースの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格9,980円
1回目
 →6,000円オフの3,980円(税抜)
 送料無料
2回目以降
 →50%オフの4,980円(税抜)

ココナッツオイル
茶カテキン
ウーロン茶エキス
パパイン

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉

歯に付着した汚れを落とす成分配合の歯磨き粉で、白い歯が輝く笑顔に!

このように、歯の黄ばみを落とすには、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、ポリアスパラギン酸など、エナメル質からステインを浮かせて剥がしとる成分が入った歯磨き粉がおすすめです。

 

歯を削らずに汚れを落とすので、歯に優しいですし、継続して使うことで、少しずつ歯の黄ばみが改善していきますよ。

 

きれいな歯になったら、口を押さえずに思いっきり笑うこともできますし、清潔感もアップします。第一印象もよくなりますよ。

 

爆笑している女の子

歯のホワイトニングにはどんな種類があるの?歯医者や家でするホワイトニングの違い

これまで自宅でできるホワイトニングとして、ホワイトニング歯磨き粉を紹介してきましたが、歯のホワイトニングには様々な種類があります。

 

歯医者さんのクリーニング

歯医者
1つ目の方法は、歯医者さんで行うクリーニングです。普段のブラッシングで落としきれなかった汚れは、歯垢(プラーク)となり、歯と歯茎の間などにこびりつきます。これがさらに口の中のミネラルと結合すると、歯石という硬い石のような物質になります。汚れが歯垢だったときはまだ柔らかく、落としやすいものでしたが、歯石になると硬くて落とせなくなってしまいます。

 

このような歯石や歯垢を落としてくれるのが、歯医者さんでのクリーニングです。専用の器具で歯石を削り取ったり、水と微粒子パウダーを同時に吹き付け、タバコのヤニやコーヒーなどのしつこい着色汚れを落とします。保険が適用されるクリーニングもあるので、数千円でできることもあります。歯表面の着色汚れを落とすことで、歯本来の白さに戻します

 

審美歯科でのホワイトニング

歯
2つ目の方法は、審美歯科で行うホワイトニングです。ホワイトニングの種類はさらにいくつかあります。一番真っ白になりますが、高価な方法です。

 

オフィスホワイトニング

ホワイトニング剤を歯に塗り、光を当てることで、半透明であるエナメル質を白く曇らせる方法です。その結果、エナメル質の下の層にある象牙質(もともと黄色っぽい色をしている)が透けて見えにくくなり、歯が白く見えます。即効性がありますが、色戻りも早くなります。

 

ホームホワイトニング

自分に合ったマウスピースを作ってもらい、自宅で専用のジェルをマウスピースに塗布し、歯に装着する方法です。ジェル状のホワイトニング薬剤が歯に浸透し、徐々に歯を白くしていく方法です。1度の施術では真っ白になりません。個人差はありますが、2週間〜1ヶ月で効果が現れてきます。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行って、歯を白くキレイにしていく方法です。ホームホワイトニングのみだと、歯が透明っぽくなってしまうので、オフィスホワイトニングも行い、はっきりとした白さにさせていきます。芸能人のような真っ白な歯になります。

 

ホワイトニング歯磨き粉によるホワイトニング

歯磨き粉
ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってブラッシングし、落としにくい汚れを落とし、歯を白くしていく方法です。ホワイトニング歯磨き粉は、ドラッグストアやスーパーに置いてある市販の歯磨き粉と違い、研磨剤が入っておらず、歯の表面を傷つけません。着色汚れを浮かして落とす効果があります。歯の表面の汚れを落とすことにより、徐々に歯を本来の白さにしていきます。

 

芸能人のような真っ白の歯にしたい方や、もともと象牙質が黄色っぽいため、歯が黄ばんで見える人には向きません。時間はかかりますが、一番簡単で費用が安価な方法です。

 

 

 

このように、歯を白くする方法には様々な方法があります。歯が白くなると、印象が変わりますよ♪あなたもホワイトニングをして、清潔感UPしましょう。

 

当サイトおすすめNo.1の「はははのは」の公式ページはこちら>>>

 

歯を傷つけない安全な歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は、口の中に入れるものですし、大事な歯を守るためのものなので、安全なものがいいですよね。そこで、歯磨き粉の選び方を紹介します。歯の黄ばみが気になっている方は参考にしてくださいね。

 

研磨剤が入っていないこと

研磨剤はその名のとおり、ざらざらした成分で歯の表面に付いた汚れを削ぎ落とします。ただブラシでこするよりも、研磨剤入りの方が汚れを落とす力が強力になります。しかし、研磨剤入り歯磨き粉は、その削ぎ落とす力の強さがデメリットにもなります。汚れを落とすだけでなく、歯の表面にあるエナメル質に細かい傷を付けてしまうのです。多少の傷は唾液によって修復されますが、歯の表面に傷が付くと、食べ物のカスなどの汚れがたまりやすく、かえって汚れやすい歯になってしまうのです。ホワイトニングのために歯磨きをしているのに、これでは本末転倒ですよね。ドラッグストアやスーパーなどで販売されている普通の歯磨き粉の多くには研磨剤が入っているので、注意しましょう。

 

以下のような物質は研磨剤と言えます。

 

無水ケイ酸
シリカ
炭酸カルシウム
炭酸水素ナトリウム

 

また、清掃剤という名称で研磨剤が入っていることもあります。

 

漂白剤、界面活性剤などが不使用で安全性の高いもの

研磨剤の他にも入っていない方がいい成分はたくさんあります。漂白剤、発泡剤、着色料、合成界面活性剤、パラベンなどです。発泡剤が入っていると、歯磨きで泡が立ち、歯を磨いた気になってしまい、実際にはちゃんと磨けていないことがあります。海外製の歯磨き粉には、漂白剤が入っていることもありますが、歯にしみたりするので、おすすめできません。

 

続けられる値段であること

ホワイトニング歯磨き粉は、市販の歯磨き粉に比べて少々値段が高いです。でも、毎日使い続けることで、歯の黄ばみや着色汚れを落し、本来の自然な白さにしていきます。1ヶ月〜数ヶ月使い続けることで効果を実感してくるので、続けられる値段のものが良いでしょう。何個か買うなら定期便がおすすめです。定期便とは、毎月決まった時期に商品が送られてくるシステムです。値段が割安であったり、おまけがついてきたり、送料無料で購入できます。

 

 

歯磨き粉によるホワイトニングは、歯科で行うクリーニングや、ホワイトニングに比べて手軽に始めることができます。いつも使っている歯磨き粉をホワイトニング歯磨き粉に変えるだけだからです。優しく、少しずつ白い歯にしてくれますよ♪

 

研磨剤なしで歯にやさしい「はははのは」の公式ページはこちら>>>